白髪染め

美容師が解説!白髪染めが色落ちしてしまう原因TOP3

KAWABATA

どうも、白髪染め専門美容室abelia(アベリア)の川畠です!

皆さんはこんな経験はありませんか?

「染めてまだ2週間なのに、もう白髪が目立ってきた・・・」
「美容室ではちゃんと染まってると思ってたのに、家で見ると何か薄い」

これにはやはり原因があります。

そこで今回はその代表的な原因TOP3を解説!

白髪染めの持ちが悪くなる原因

①洗浄力の強いシャンプーを使っている
②薬剤の塗布量が足りていない
③白髪染めに適した薬剤を使っていない

①洗浄力の強いシャンプーを使っている

これは市販のシャンプーを使っている方は特に要注意!

シャンプーのなかに含まれる『洗浄剤』がポイントなんですが、
市販のシャンプーの洗浄剤は硫酸系が使用されていて、主に食器用洗剤や
洗濯洗剤を同じぐらい強い洗浄剤になります。

たとえば、同じ色物の服を何度も洗濯していると少しずつ色落ちしてきますよね?

これと同じ原理で、白髪染めをした髪もこの硫酸系の洗浄剤によって
色落ちするスピードが早まります。

白髪染め=髪がアルカリ性に傾くので、そこに硫酸系が入ることによって色落ちやダメージを加速させてしまうんですね。

なので、カラーをしている髪にはアルカリに傾いた髪を酸性~弱酸性に戻してあげる必要があるので、アミノ酸系や酢酸系のシャンプーを使うことで
色持ちも良くなります。

あと、市販のシャンプーの多くはシリコンが入っているので、
それが髪に残留した状態だと薬剤をはじいてしまう事があります。

髪にも肌にも優しいコスパ最強シャンプー! KAWABATA どうも、白髪染め専門美容室abelia(アベリア)の川畠です! 今日はアベリアで今、イチオシのシャンプーとト...

②薬剤の塗布量が足りていない

残り2つは美容師側の問題ですが、
まずは白髪染めの薬剤の塗布量が足りていない、少ないこと。

これは誤解のないように言っておくと、
白髪をしっかり染めたいからベタベタと大量に塗布すればいいというわけではありません。

KAWABATA

ムダに塗布量が多いと地肌への負担も増えますからね。

染まりづらいモミアゲや襟足、お客さまから一番よく見える分け目などは少し多めに塗布して、しっかり染める。

逆に染めりやすい箇所は塗布量を少なくするなどの工夫が大事。
(染まりやすい箇所は少ない量でもちゃんと染まります)

③白髪染めに適した薬剤を使っていない

皆さんもちょっと疑問に思うことありませんか?

「白髪染めとおしゃれ染めって何がちがうの?」

KAWABATA

これ、お客さまによく聞かれるんで解説しますね!

そもそもカラーというのは、白髪染めでもおしゃれ染めでもブリーチ(脱色)と染色を髪の中で同時に行っています。

違いというのは、このブリーチと染色のパワーバランス。

少しわかりづらい画像ですが、
おしゃれ染めの場合は、元が黒なので明るさを削る必要があります(ブリーチ作用)。

そのため、ある程度の削る力が必要になるので、おしゃれ染めはブリーチ力が白髪染めに比べて強くなります。

そして、ブリーチを行いながら同時に色味を入れることで明るい髪色になります。

一方、白髪染めは元が「白」なので、おしゃれ染めとは逆に色を足さないといけません。

元が白(明るい)なので、黒髪を削るほどのブリーチ力は必要なく、
逆に色味を多くしないといけません。

白髪染めとおしゃれ染めのちがい

おしゃれ染め=ブリーチ力(大)+染色(小)

白髪染め=ブリーチ(小)+染色(大)

ざっくり言うとこんな感じですが、
要は白髪に対しておしゃれ染めの薬剤を使ったり、明るめの色を使うと、
それだけ色素が薄くなるので白髪が浮いてしまうということ。

でも今はいろんなカラー剤が出ているので、白髪染めの薬剤でも少し明るめに染まる物もありますし、白髪染めの薬剤におしゃれ染めの薬剤を混ぜて
明るくするなどもできるようになっています。

ただ、お家でホームカラーをされている方はこういう調合ができませんし、
ドラッグストアに並んでる色見本を見て明るいのを選んでも染まらないことが多いので注意が必要です。

アベリアの安全な白髪染め 【オーガニックハーブカラー白髪染め】 向日市abelia(アベリア)美容室が使用するオーガニック白髪染めの特徴 ...

白髪を染めるというのは黒髪を染めることとはちがって、
色のバランスや塗布量、その他もろもろの細かいプロセスがとても重要ということがおわかりいただけたでしょうか?

ひとつの工程の中にもさまざまな工夫をすることで、
しっかり染まって、色持ちも良くなっていきます。

ホームカラーとちがって、サロンカラーはこういうプロセスを丁寧に踏んでいけるので、「白髪がすぐ目立つ」「すぐに色が抜けてしまう」という場合はプロに頼むのがベストですね!

ではまた。

サロンカラーとホームカラー、何がちがう? KAWABATA どうも、白髪染め専門美容室abelia(アベリア)の川畠です! 今回は美容室で染めるサロンカラーと、自宅で染...